効果的な成分とは

椅子で眠ってしまう

影グマや加齢による皮膚のたるみや脂肪の突出、茶グマはメラニン色素の沈着を原因としています。
どちらもセルフケアでもってしては一朝一夕では解消が難しい上に表情が暗く見えるという問題もあり、早急に対処をしたいと考える人が多くいます。
この問題に対しては美容外科ならば明るい表情を取り戻すことができます。
美容外科で行う施術はこれらのクマや皮膚のたるみに対して確実に対処ができる施術法があります。
影グマならば眉下切開法や経結膜脱脂法、ヒアルロン酸注入などの施術によってこの症状の原因である脂肪や皮膚を取り除いたり、周囲の皮膚をふっくらとさせることで目立たなくしてくれます。
また色素沈着による茶グマならば医療用レーザーを用いた施術によって色素沈着をしたメラニンのみを熱処理できます。

確実な効果が望める美容外科でのクマやたるみの施術で必要な料金は、その施術の内容ごとに違ってきます。
一例を挙げると、効果が永続的に続く上に傷跡がまぶた裏のため目立たないという優れた施術法である経結膜脱脂法による治療の場合は40万円から70万円ほどの料金になります。
また昔から行われていた比較的ポピュラーな施術法である、眉下切開法や全切開法による施術の場合は30万円から50万円ほどが各クリニックの相場となります。
切開法は傷跡が残る可能性があるのがデメリットですが、こちも経結膜脱脂法と同じく効果が永続的な点がメリットです。
最近流行しているヒアルロン酸注入による処置の場合は効果が一時的なものですが、その代わり料金が安くて2万円から5万円ほどで1つのヒアルロン酸注射を行えます。