仕事によっても

きれいな女性

多くの人は相手と対面した時にまず顔に視線がいきます。
なかでも目は相手の印象に残りやすいため、そのケアをしっかりと行う人が少なくありません。
しかしそれでも体調不良や加齢、化粧品が合わないなどの様々な理由でクマやたるみができることがあります。
表情が暗く見えるクマやたるみは多くの人にとって悩ましい肌トラブルの1つです。
複数の種類があり、睡眠不足やストレスでの疲労などによって生じる青グマや赤グマは疲労の回復に気を配ることで解消をすることができます。
しかし黒グマと呼ばれるまぶた下の皮膚のたるみとそれによって生じるクマは厄介な症状として知られています。
これは加齢による眼窩脂肪の飛び出しが原因となっているため、美容外科での施術がもっとも効果的となります。

影グマといった加齢によって生じるたるみや、それに起因するクマの解消は自分では措置が難しいため、医療機関の中でも美容外科のところで施術をしてもらうのが一般的な措置法です。
何れの施術法でもその後はダウンタイムがあるため、どれくらいの時間経過でそれが終わり、日常生活に戻れるかを施術前に知っておいた方が無難です。
ダウンタイムは施術ごとに違っており、皮膚を切除する外科施術では長くなり、そうでない施術は短い傾向があります。
例えば脱脂法と呼ばれる施術はメスを使わない施術のためダウンタイムが短く、痛みや腫れに関しては3日程度で収まります。
シャワーも当日から可能で、入浴も1週間後にはできるようになります。
全切開や眉下切開による施術ではメスを使い、ダウンタイムが長めとなるため、事前に医師とのカウンセリングで聞いておくのも良い手段です。