保湿で改善できる

手術をする

アイシャドウを使ったり、まつげエクステを行ったりと目の周りは常に見た目にも気を配り、またスキンケアでも重点的に行うことが多い箇所です。
それだけ多くの人が気にする場所だけに、目の下のたるみやクマについては出来てしまうと大きな悩みとなりがちです。
目の下のたるみやクマは肌のトラブルとしては珍しいものではなく、疲労やストレスが溜まっていると、下瞼の血流が悪くなって血管が見えるようになります。
これが赤グマや青グマと呼ばれるもので、多くの人が経験しますが、その大部分は十分な休息によって回復させることができます。
厄介なものとしては加齢によるたるみやクマがあります。
これは皮膚下の脂肪が押し出されて出来ることが多く、セルフケアが困難なため美容外科での施術が一般的です。

加齢による皮膚のたるみやそれに伴って生じる影グマの解消や、色素沈着をしてできた茶グマをレーザー治療によって治すことができるのが美容外科です。
目の下のたるみやクマを外科施術で治せるため、その効果は確実なものが期待できます。
美容外科はその多くがクリニックに置かれています。
総合病院ではクリニックの理由としては、緊急性を有する症状や疾患ではないため措置入院の必要性がなく、また美容という特定の目的を元に施術を行っているためです。
しかしクリニックといってもその幅は広く、美容外科を扱う医療機関であっても最近では美容皮膚科と分かれていたり、審美歯科といった科を設けているところもあり、利用する場合はそのクリニックがどういった特色があるのか知っておくとより安心して施術を受けられます。